どのように修理するべきかを検討していきます。

アップルセンターや自分で修理、専門店に依頼など、今回はどのような方法が合っているかを検討していきます。


まずはサポートセンターに電話

Appleのサイトを閲覧すると、オンラインで担当者とチャットが出来たり、電話サポートも行っているようでサポート体制は充実していました。
AppleIDやシリアル番号を用意し、早速電話をしてみる事に。
トラブルの内容も具体的に伝えられる準備をしてから入電しました。
契約時にAppleCareを始めとする一切の補償に入らなかった事を後悔します。


アップルセンターに修理してもらう事をまずは検討

筆者は、iPhoneで毎日アプリを使っていました。
例えばビジネス系のアプリやゲームのアプリ等は毎日使っているとはいっても、初期化されて困る事はありません。
しかしながらLINEのチャットだけは、トーク履歴やフレンドリスト等は必要です。
Appleに代替え機を用意してもらってその間に修理してもらうにしても、代替え機ではLINEは使えません。
やはり今すぐに修理する必要に迫られました。
おそらく多くのiPhoneユーザーは同じ状況になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。


自分で修理出来ないだろうか

ネット検索で自分で修理する方法をまずは検索してみました。
YouTubeにも多くの修理方法がアップロードされていました。
また「修理キット」なるものも販売されており、フロントパネル交換のキットも販売されておりました。
バッテリー交換やホームボタンの修理キットも販売されているようです。
キットの内容は専用ピンやドライバー、専用SIMオープナーなど各種ツールが揃っているようです。
これを使えば筆者にも修理が可能なのでしょうか。
なかなか手先の器用さには自信が無い事と、やはりiPhoneほどの精密機器を修理出来る自信がありません。
また一番怖いのは、iPhone内のデータ復旧が出来なくなるという事です。
やはりプロに頼んだ方がデータも元通りになる可能性が高いのではないかと考えました。


民間の修理専門店に依頼する事に決定

今回はやはり、即日修理出来て、なおかつプロに対応してもらいたいという事を考えると、iPhone修理専門店に依頼する事に決定しました。
ネット検索すると、iPhone修理専門店は都内にも数多くあるようです。
しかも、金額も6,000円で水没修理が出来たり、液晶ディスプレイ交換も数千円で頼めるようなので、安心しました。